2014年GWセミナー特別教本《改訂版》『幸福のための仏教哲学 平等社会の道と自己を知る知恵』 39p

2014年GWセミナー特別教本《改訂版》
『幸福のための仏教哲学 平等社会の道と自己を知る知恵』 39p

目次

第一章 幸福のための仏教哲学: 感謝・知足・分かち合い 6

1.はじめに ……………………………………………………………………… 6

2.現代主流の幸福観と、仏陀の説いた幸福観 ……………………………… 7

3.楽の裏の苦: 際限のない欲求がもたらすさまざまな苦しみ …………… 7

4.足るを知る幸福: 充足し落ち着いた、明るい温かい心 ………………… 8

5.分かち合いの幸福: 温かい心と良好な人間関係の恩恵 ………………… 8

6.感謝・知足・分かち合いと、慢心・不満・奪い合い …………………… 9

7.二つの心の状態の違い ……………………………………………………… 9

8.際限のない欲求がもたらす、不満・不安・後悔 ………………………… 9

9.今ここの幸福: 真に実在するのは今の幸福だけ ………………………… 10

10.逃げ切れない苦しみの問題 ………………………………………………… 10

11.苦の裏に楽がある: 苦しみを和らげる方法 ……………………………  11

12.苦しみの恩恵: 執着の放棄・慈悲・成長 ……………………………… 12

13.感謝がもたらす自己実現の力: 継続的な努力 …………………………  13

14.継続的な努力に必要な健康・長寿と、心の働きの関係 ………………… 13

15.東洋思想の智恵が説く健康法 ……………………………………………… 14

16.感謝と分かち合いがもたらす他者の協力:自分の力だけでは達成できない 14

17.強運: 長寿・人徳などがもたらす ……………………………………… 15


第二章 真の平等社会への道: 仏陀の四無量心の智恵 … 16

1.はじめに: 平等な社会の希求 ……………………………………………… 16

2.行き詰まった平等社会の希求 :共産主義の失敗 ………………………… 16

3.自由競争と社会福祉の間で葛藤する現代 …………………………………… 16

4.精神面の幸福の希求 :宗教の活性化とその問題 ………………………… 17

5.仏陀の智恵・四無量心による平等な幸福 …………………………………… 18

6.間違った幸福観をもたらす心の三つの毒 :無智・貪り・怒り ………… 19

7.仏陀の広大な四つの心 :慈・悲・喜・捨 ………………………………… 19

8.慈 :幸福を貪り独占せずに、分かち合う ………………………………… 20

9.悲 :苦しみを分かち合うことによる幸福 ―― 智恵と慈悲の体得 …… 21

10.皆にそれぞれに幸福の道がある ……………………………………………… 22

11.喜: 他の幸福を喜ぶことによる幸福 ……………………………………… 22

12.すべての幸福・最高の幸福を得る「喜」の智恵 …………………………… 23

13.捨: 分け隔てなく平等に愛する心 ………………………………………… 24



第三章 心を開く: 自分自身を知る智恵 …………………… 25

1.はじめに ……………………………………………………………………… 25

2.現代人の心の歪み: 自他の比較の圧力の中で …………………………… 25

3.自分の暗部を忘却する不利益 ……………………………………………… 26

4.被害妄想の可能性 …………………………………………………………… 27

5.自分の問題に対応できない三つのパターン ……………………………… 27

6.自分の問題を直視する術: 感謝と逆転の発想 …………………………… 28

7.自分の長所を支える存在への感謝の不足 ………………………………… 28

8.反省と感謝によって開かれる心 …………………………………………… 29

9.反省と感謝は一つになる …………………………………………………… 29

10.ひかりの輪が推奨する、感謝と反省の修養法 …………………………… 30

11.感謝と反省の究極は、自と他の区別を超えた広大な心 ………………… 30

12.万物を平等に尊重する心 …………………………………………………… 31
 

第四章 上級編: ワンポイント法則集 ……………………… 32

1.最新版: ひかりの輪の仏教の瞑想の学習と実践 ………………………… 32

(1)智恵・悟りの瞑想の学習と実践
(2)供養・分かち合いの瞑想の学習と実践
(3)懺悔・反省の瞑想の学習と実践
(4)菩提心・慈悲の瞑想の学習と実践

2.輪のクンダリニー瞑想: 万物一体・天地一体の悟りの瞑想 ………… 33

3.万物が平等な仏性の顕現という思想: 煩悩即菩提から ……………… 35

4.三悟心経の裏と表の二つの意味合い ……………………………………… 36

5.自分と他者の間の善悪・優劣に関する一元の法則 ……………………… 37

6.「輪」という言葉が象徴する三つの一元の思想 ………………………… 38


販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません