2013年夏期セミナー特別教本《改訂版》『輪の思想と最新科学』 

2013年夏期セミナー特別教本《改訂版》
『輪の思想と最新科学』 39p

目 次

第一章 現代社会の行き詰まりと東西の幸福観の統合……………… 4

 1 西洋と東洋の幸福観…………………………………………………………… 4
 2 現代社会の行き詰まり………………………………………………………… 4
 3 増大する精神的な問題………………………………………………………… 5
 4 ヴァーチャルの中に生きる傾向?…………………………………………… 6
 5 現実から遠のき、ヴァーチャルに没入する危険…………………………… 6
 6 現実をヴァーチャルに解釈する生き方……………………………………… 7
 7 生きるための東洋の智恵の見直し…………………………………………… 8
 8 東洋と西洋の智恵の統合:輪の思想・輪の法則…………………………… 9
 9 現代社会での様々な自己実現の形態………………………………………… 9
 10 ひかりの輪の思想・幸福哲学の効能…………………………………………10
 
第二章 最新科学と輪の思想の共通点:一元的な世界観……………11

 1 最新科学の一元的な世界観……………………………………………………11
 2 社会の常識と科学の発見の時間差……………………………………………11
 3 現代社会の常識である二元的な世界観は、古典科学の影響………………12
 4 著名な科学者が認める最新科学と東洋・仏教思想の類似性………………12
 5 最新科学が発見した仏教的な世界観:万物が相互に依存し合っている…14
 6 量子力学の発見:物質は必ずしも局在しない………………………………14
 7 ニューサイエンスの一元的な理論……………………………………………15

第三章 輪の思想:その趣旨と源泉と目的……………………………17

 1 輪の思想と輪の法則……………………………………………………………17
 2 輪の思想の源泉:内外の研究と体験から……………………………………17
 3 輪の法則(一元の法則)とは…………………………………………………17
 4 法則の目的:慈悲・博愛に近づく手段………………………………………18



第四章 輪の法則に関する読経瞑想……………………………………20

 1 三悟心経…………………………………………………………………………20
 2 三悟智経…………………………………………………………………………24
 3 三縁起経…………………………………………………………………………27
 4 三性理経…………………………………………………………………………29
 5 十二宝経…………………………………………………………………………32

第五章 クンダリニー・ヨーガとクンダリニー症候群………………34

 1 クンダリニー・ヨーガのメリットとデメリット……………………………34
 2 麻原彰晃・オウム真理教とクンダリニー症候群……………………………35
 3 「グルによる安全性の確保」は不可能な時代………………………………36
 4 クンダリニー症候群の研究実態と、指導者の道義的な責任………………36
 5 危険を相対的に減らすという考え方…………………………………………37
 6 ひかりの輪のクンダリニー・ヨーガの指導…………………………………38




販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません