2012年〜13年 年末年始セミナー特別教本《改訂版》『悟りの道・思索と瞑想 万物への感謝・尊重・愛』 

2012年〜13年 年末年始セミナー特別教本《改訂版》
『悟りの道・思索と瞑想 万物への感謝・尊重・愛』 40p

目 次

第一章 法則の思索 : 法則の要点と思索の方法………………… 4

1 法則に基づいた思索の方法…………………………………………… 4

(1)法則の学習……………………………………………………………………… 4
(2)自分の苦しみ・問題に関する思索(と書き出し)………………………… 4
(3)自分の苦しみ・問題を解決する考え方の思索(と書き出し)…………… 4
(4)納得がいく考え方が見つからない場合の対処法…………………………… 4
(5)納得できる考え方を繰り返し瞑想する……………………………………… 5
(6)よりコンパクトな思索にしていく…………………………………………… 5
(7)最後に三悟心経を唱える……………………………………………………… 5

2 万物に感謝する 〃辰澆亡脅佞垢襦帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 6

(1)私たちの普段の意識には不満が多い………………………………………… 6
(2)自分の恵みに気づく感謝の実践……………………………………………… 6

3 万物に感謝する◆ゞ譴靴澆亡脅佞垢襦帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 8

(1)喜びばかりを貪り、苦しみをいたずらに嫌がる心の偏り………………… 8
(2)苦しみの裏側にある恩恵:愛の鞭…………………………………………… 8
(3)苦しみのない人生の恐ろしさを考える……………………………………… 9
(4)個々別々の苦しみを恩恵と見る事例………………………………………… 9

4 万物を尊重する ーと他の比較を越える……………………………… 11

(1)多くの苦しみが、自と他の比較から生じる………………………………… 11
(2)比較を越えるものの考え方・法則…………………………………………… 11
 
5 万物を尊重する◆)人は学びの対象………………………………… 13

(1)多くの苦しみが、自と他の区別・比較から生じる………………………… 13
(2)万人が自分の学びの対象であること………………………………………… 13
(3)人々は、人類は、一体となって成長する…………………………………… 13
6 万物を愛する )物を一体と見ること……………………………………14

(1)自と他の区別が苦しみの根源………………………………………………… 14
(2)万物を一体と悟る三つの瞑想………………………………………………… 14

7 万物を愛する◆)人の幸福は一体・大慈悲の瞑想……………… 16

(1)苦しみは、自と他の幸福・不幸を区別することから生じる……………… 16
(2)万人の幸福・不幸は一体である……………………………………………… 16
(3)万人が共に幸福になる大慈悲の瞑想………………………………………… 16


第二章 三悟心経の思索と瞑想…………………………………… 17

1 万物に感謝する教えの誘導瞑想の事例「万物恩恵・万物感謝」… 18

2 万物を尊重する教えの誘導瞑想の事例「万物仏・万物尊重」…… 26

3 万物を愛する教えの誘導瞑想の事例「万物一体・万物愛す」…… 34

販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません