2012年夏期セミナー特別教本《改訂版》『悟りの教えと現代の諸問題 親子問題、鬱病、自殺を考える』

2012年夏期セミナー特別教本《改訂版》 
『悟りの教えと現代の諸問題 親子問題、鬱病、自殺を考える』 71p

目 次

第一章 三悟心経の理解を深める―――――――――――――6

 1 三悟心経の源=輪の思想と法則――――――――――――――――6

   1.三悟心経とは―――――――――――――――――――――――――6
   2.輪の思想:三悟心経の源――――――――――――――――――――6
   3.輪の法則(一元法則)―――――――――――――――――――――7
    (1)三悟の法則(三悟の輪の法則、ないし、三悟の一元法則)
    (2)三縁の法則(三縁の輪の法則、ないし、三縁の一元法則)
    (3)三性の法則(三性の輪の法則、ないし、三性の一元法則)
   4.三悟心経と三悟の法則―――――――――――――――――――――8

 2 三悟心経の追加講義 三つの教えは一体であること―――――――8

   1.「万物恩恵・万物感謝」と「万物仏・万物尊重」のつながり――――8
   2.「万物仏・万物尊重」と「万物一体・万物愛す」のつながり――――11

3 三悟心経の追加講義◆〇宛腓遼‖Г隼葦錣遼‖А宗宗宗宗宗宗宗13
    
1.三悟心経の背景にある「三悟の法則」――――――――――――――13
   2.三悟の法則と三縁の法則――――――――――――――――――――14
   3.苦楽の一体性について―――――――――――――――――――――15
    (1)苦と楽は相互依存であること
    (2)苦と楽は同根であること
    (3)苦と楽は循環していること
   4.優と劣(善と悪)の一体性について―――――――――――――――16
    (1)優と劣は、相互依存であること
    (2)優と劣は同根であること
    (3)優と劣は循環していること
   5.自と他の一体性について――――――――――――――――――――19
    (1)自と他は相互依存であること
    (2)自と他は同根であること
    (3)自と他は循環していること
第二章 親子問題の克服と仏教哲学――――――――――――20

 1 親子問題は諸問題の根源―――――――――――――――――――20
 2 真に大人になる過程―――――――――――――――――――――20
 3 現代社会の親子問題:親への感謝・尊敬の減少―――――――――21
 4 親子問題が少子化の一因では―――――――――――――――――22
 5 親への感謝を妨げる要因:戦後社会の心の隙間―――――――――23
 6 戦後社会の競争主義の弊害――――――――――――――――――24
 7 親側の問題を考える前に―――――――――――――――――――25
 8 自分の親への感情が、親になった自分に跳ね返る――――――――25
 9 親の過ちをいかにして許すか―――――――――――――――――26
 10 誇大自己症候群という心理学理論―――――――――――――――27
 11 競争社会やメディアが作る自己特別視の願望――――――――――27
 12 誇大妄想と被害妄想のセット―――――――――――――――――28
 13 苦しみを喜びに転換する智慧―――――――――――――――――29
 14 苦しみは自分を鍛える愛の鞭―――――――――――――――――29
 15 苦しみがとらわれを解消する源になる―――――――――――――31
 16 苦しみの経験こそが慈悲の源―――――――――――――――――32
 17 反面教師は貴重な学びの対象―――――――――――――――――32
 18 親からの苦しみを超えて真の自立へ――――――――――――――33
 19 親子関係の問題の類型について――――――――――――――――34
 20 親子問題はすべての人間関係の問題の源――――――――――――36
 21 内観法:親などへの感謝を深める自己内省法――――――――――37

第三章 生きる価値への気づき:
自殺やうつ病を超える仏教哲学――――――39

 1 現代社会に広がる心の問題:自殺やうつ病―――――――――――39

 2 自殺の現状と原因――――――――――――――――――――――39

   1.近年急増した自殺、年間3万人強、近代日本史上、最大数―――――39
   2.自殺未遂者は自殺者の10倍―――――――――――――――――――40
   3.自殺の原因:健康問題・うつ病が最大の原因―――――――――――40
   4.近年の急増の原因は不況、失業・倒産――――――――――――――40
   5.男性に多い自殺、働く性への負担か―――――――――――――――41
   6.失業と離婚と、自殺の関係―――――――――――――――――――41
   7.失業・倒産に伴う人間関係の喪失――――――――――――――――41
   8.うつ病と自殺の関係など――――――――――――――――――――42
   9.若者の原因――――――――――――――――――――――――――43
   10.自殺の多い日本、主要な死因の一つ、若者では死因のトップ――――43
   11.日本の高い自殺率の原因:失敗の恥を嫌う、
セカンドチャンスを許さない―――――――44
   12.自殺は自殺を呼ぶ:遺族も4人に1人は自殺願望―――――――――44
   13.自殺の伝染という考え方――――――――――――――――――――45
   14.自殺の対策:自殺前の相談―――――――――――――――――――45
   15.自殺対策基本法――――――――――――――――――――――――45
   16.自殺報道への対策―――――――――――――――――――――――46
   17.精神科医の提言:早期対応と総合的な対策――――――――――――46
   18.政府の対策の概要―――――――――――――――――――――――47
    (1)自殺総合対策大綱の概要
<平成23年版自殺対策白書(内閣府)>より――――――――47
    (2)内閣府経済社会総合研究所
「自殺の経済社会的要因に関する調査研究報告書」より―――48

 3 うつ病について―――――――――――――――――――――――48

   1.うつ病とは――――――――――――――――――――――――――48
   2.うつ病の増大と原因:社会環境の変化――――――――――――――49
   3.増大した原因2:軽症者の受診・製薬会社のキャンペーン―――――50
   4.受診していない患者の問題も――――――――――――――――――51
   5.国際的に見れば少ない日本の精神疾患の背景―――――――――――52
   6.最近のうつ病の多様化:何がうつ病かを再整理する必要――――――52
   7.うつ病の原因:科学的には未解明――――――――――――――――53
   8.うつ病の原因は、科学的に確定していない――――――――――――54
   9.生物学的な仮説:現在主流の薬物療法に関係する仮説―――――――54
   10.心理学的・精神病理学的な仮説:従来型のうつ病に関する仮説―――55
   11.他の仮説:脳の神経損傷・オメガ3脂肪酸の不足など―――――――55
   12.うつ症状をもたらすうつ病以外の病気に注意―――――――――――56
   13.うつ病の種類―――――――――――――――――――――――――57
   14.重要な心理的な原因の推察―――――――――――――――――――57
   15.患者や周囲の治療の際の心構え―――――――――――――――――58
   16.「抗うつ薬」の問題:効果の疑問、自殺企図の副作用、薬物依存――59
   17.認知行動療法―――――――――――――――――――――――――61
   18.非定型うつの治療法:従来と異なる症状と治療法―――――――――61
   19.その他のうつ病の治療法――――――――――――――――――――62
   20.治療の効果や再発の可能性―――――――――――――――――――63
   21.治療のための経済的な土台と地域コミュニティの重要性――――――64
   22.子どものうつ病・精神疾患予防―――――――――――――――――65

 4 自殺・うつ病を防ぐための仏教哲学――――――――――――――66


販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません