2010年夏期セミナー特別教本《改訂版》『三悟の一元法則、菩提心と六波羅蜜 宗教哲学・21世紀の思想』

2010年夏期セミナー特別教本《改訂版》
『三悟の一元法則、菩提心と六波羅蜜 宗教哲学・21世紀の思想』40P

目次


第一章 一元法則の理解を深める ・・・・・・・・・・・・・・5

1 苦楽一元の法則――苦と楽の区別・二分化を超える ・・・5

  1.楽の裏に苦がある
  2.苦の裏に楽がある 
  3.他に優位にある喜びと、他を愛することによる幸福の違い
  4.苦しみに感謝すること
  5.万物に恩恵・恩人として感謝すること
 《参考》釈迦牟尼が説いた法則――縁起の法

2 優劣一元の法則――善と悪・優と劣の区別・二分化を超える ・・・8

  1.善と悪、優と劣はセットで、時と場合によって変化する
  2.善と悪、優と劣、短所と長所は、表裏であること
  3.人と人の違いは、それぞれの個性・役割の違いである
  4.悪人が、苦しみの経験を経て、善人になっていくこと
  5.万物は平等な仏の現れという教え
  6.万物を平等な仏の現れ(仏性の顕現)として育む 
  7.大煩悩が大解脱をもたらす可能性
8.悟りの遅い者が得る、大きな慈悲の可能性――先駆者と普及者の役割分担

3 自他一元の法則――自と他の区別・二分化を超える ・・・12

  1.自と他は、物理的に精神的に一体であり、循環していること
  2.唯識思想における、自と他の区別を超える教え
  3.万物を一体と見て、愛すること
  4.船頭の菩提心
  5.悪人は自己の反面教師
 

4 三つの悟りの一元法則のまとめ ・・・16

5 補足説明――苦楽・善悪・自他が、表裏で循環すること ・・・16

  1.苦と楽の表裏・循環 
  2.善と悪、優と劣の表裏・循環
  3.自と他の表裏・循環
 
6 三つの悟りのための法則が一体であることの理解 ・・・18

  1.何が苦で、何が楽かは、自と他を区別する視点と、区別しない視点では、
    正反対になる
  2.何が楽で何が苦かは、善と悪、優と劣を区別する視点と区別しない視点
    でも正反対になる
  3.自と他の区別は、楽と苦の区別や善と悪(優と劣)の区別によって生じる


第二章 発菩提心と六波羅蜜(六つの完成) ・・・・・・・22

1 六つの完成とは何か ・・・22

2 六つの完成の前行 ・・・22

  1.平等心の瞑想
  2.因果の七つの秘訣の瞑想
  3.自他平等利他行の瞑想
  4.三つの悟りの法則が大慈悲・発菩提心を支える

3 菩提心の平等思想 ・・・26

  1.色々な菩提心
  2.利他=利己という思想
  3.時の流れに合わせる重要性


4 六波羅蜜(六つの完成)と十八の実践 ・・・27

  1.布施――三つの布施
  2.持戒――三つの根本戒と十戒
  3.忍辱――三つの忍辱
  4.精進――三つの精進
  5.禅定――三つの禅定
  6.智慧――三つの智慧

5 付記――オウム真理教の六波羅蜜の解釈の過ちを正すこと ・・・30


第三章 宗教哲学:21世紀の思想として ・・・33

1 盲信を超える――依存・怠惰と傲慢を超える、宗教と科学の融合

2 善悪二元論と闘争を超える――世界の調和、真の民主主義の実現

3 団体内部と外部社会の壁を越える――地球全体に開かれた宗教の実現

《付記》今後、ひかりの輪が構築する予定の具体的な  ・・・38
   新しい学習の場・システム










販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません