2009-10年末年始セミナー特別教本《改訂版》『一元の法則と瞑想法 卑屈・妬みを超えて感謝と慈悲へ』 

2009-10年末年始セミナー特別教本《改訂版》
『一元の法則と瞑想法 卑屈・妬みを超えて感謝と慈悲へ』 34p

目 次

第1章 一元の世界観──森羅万象は神仏の現れ・・・・・・・ 4

1.森羅万象は神仏の現れ、という教えの意味
2.インド主流の哲学、ヴェーダーンタの不二一元論
3.仏教でも説かれる一元的な世界観
4.道教の一元論的な世界観──太極と陰陽
5.さまざまな宗教が、世界の根源が一つと説いている
6.科学にも見られる一元的な世界観
7.宇宙全体と個々の生命体に共通する一元的な構造
8.科学者が推察する神の存在

第2章 一元の悟りの障害──卑屈・妬み・慢心を超える・・・11

1.比較・優劣から来る、卑屈・妬み・慢心を取り除く
2.一元的な世界観では、全存在が平等の価値を持つ
3.欠点の中に長所が内包されていること
4.欠点は、バランスの問題にすぎない場合が多いこと
5.優劣は、比較の問題にすぎず、感謝の実践が重要であること
6.現代人の心の危機と宗教の問題

第3章 一元の悟りをもたらす感謝の実践・・・・・・・・・・17

1.自分が得ている幸福に気づいて感謝する(足るを知る)
2.自分の幸福が、万物・神仏に支えられていることに気づいて感謝する
3.怒りの対象を感謝の対象に変える(他への嫌悪を超える)
4.自分の欠点を喜びに変えて、神仏に感謝する(自己嫌悪を超える)
5.慈悲の境地に至るための感謝の実践

第4章 一元の悟りをもたらす、ひかりの輪の三悟の法則・・・21

【1】苦楽一元の法則──苦楽の区別を超える

1.楽の裏にある苦を知って貪りを静め、感謝し足るを知って他と分かち合うこと
2.苦の裏にある楽を知り、苦しみを喜びに変え、他の苦しみを取り除くこと

【2】優劣一元の法則──善人・悪人の区別を超える

1.すべての人々は、平等な神仏の現れであると悟り、すべてを愛すること
2.すべての人々を教師・反面教師と見て学び、感謝すること

【3】自他一元の法則──自と他の区別を超える

1.万物は相互に依存し合って存在していると知り、万物・神仏に感謝し愛する
2.すべては、自分の心の中の現象であると知って、すべてを愛する

第5章 一元の悟りのための、ひかりの輪の学習と実践・・・・・30

【1】一元の悟りに向かう学習と実践の体系

《付記》高度な瞑想実践の危険性・注意点





販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません