神の降りる地-----神降地

神高地は、「神が住む所」という意味で「神河内」と記されたり、また「神が
降りた地」として「神降地」という文字が当てられることもあります。

「上高地」の名は、太古の昔、海の神である綿津見神(ワタツミノカミ)の子、
穂高見神(ホタカミノカミ)が、上高地から望むことのできる奥穂高岳に降臨し、
この地方を開拓し、祀られたことに由来しており、神々を祀るに最も相応しい
神聖な浄地とされています。

まさに、そのようないわれのある地にふさわしく、雄大な山、透明で清涼な川、
豊かな木々の緑に恵まれた、素晴らしい自然にあふれています。

河童橋から見る穂高連峰は白い雪を懐き、その美しさはまさにアルプスを思わせ
ます。また梓川の清らかさ、透明さは見ているだけで、心が洗われます。

その美しい上高地を、数年に渡り撮影した中から、よりすぐりの自然映像をお届けします。

販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません