2022年GWセミナー特別教本『瞑想法の総合解説 心身の健康から悟り境地まで』

2022年GWセミナー特別教本
『瞑想法の総合解説 心身の健康から悟り境地まで』 94ページ

第1章 瞑想とは何か……………………………………6

1.はじめに……………………………………………………………………6
2.さまざまな形をとる瞑想…………………………………………………6
3.学者による瞑想の定義や効用……………………………………………7
4.近代の瞑想の歴史とセラピーとしての活用……………………………8
5.マインドフルネス瞑想の広がり…………………………………………9
6.心理学・心理療法に活用される仏教思想………………………………10

《参考資料1》様々な伝統的な瞑想…………………………………………11
《参考資料2》瞑想の科学的研究……………………………………………15
《参考資料3》瞑想の弊害・危険性…………………………………………18


第2章 身体操作を伴う瞑想:
呼吸・体操(姿勢)・歩行と瞑想……………23

1.はじめに……………………………………………………………………23
2.ヨーガや仏教の瞑想とは、心の安定(集中)をもたらす修習…………23
3.瞑想には形がない:座るだけでなく立位・歩行状態も…………………24
4.長生き呼吸法:ゆっくりと吐く腹式呼吸の深呼吸……………………24
5.呼吸法のさまざまなメリット……………………………………………25
6.呼吸法がもたらす心の安定と集中………………………………………27
7.仏教の呼吸を使った瞑想法………………………………………………28
8.ヨーガの基本呼吸法:集中力を高める…………………………………29
9.呼吸法と瞑想を伴うヨーガ体操(体操と呼吸法と瞑想の融合)……30
10.歩行を伴う瞑想(歩行禅・歩行瞑想・経行・ウォーキング)………32
11.ひかりの輪の提唱する歩行瞑想…………………………………………33
12.歩行瞑想中での瞑想………………………………………………………34

《参考資料1》アーナーパーナ・サティ……………………………………35
《参考資料2》ヨーガのアーサナ……………………………………………36
《参考資料3》ウォーキング・セラピー……………………………………42


第3章 初期仏教の瞑想思想:四念処………………………46

1.はじめに……………………………………………………………………46
2.仏教・ヨーガの無我・真我の思想………………………………………46
3.仏教・ヨーガが説く、人の苦の原因・自分観・幸福観………………47
4.最新の心理学・科学が裏付ける仏教・ヨーガの自分観………………48
5.悟りの瞑想「四念処」とは………………………………………………49
6.四念処の具体的な観想法…………………………………………………50
7.四法印という教え:無常・無我・苦・涅槃……………………………52
8.五蘊無我の瞑想:四念処と似た自我執着を超える瞑想………………52
9.瞑想・禅定による悟りの体得の過程……………………………………53
10.仏教が説く瞑想・禅定の段階:四禅定・四無色禅定…………………54
11.瞑想(禅定)と不可分の学習実践:三学:戒律・禅定・智慧………54
12.止と観(禅定と智慧)の瞑想……………………………………………55
13.悟りの境地が解消する、人のさまざまな苦しみ「四苦八苦」………56
14.死の苦しみを乗り越える無我の悟り……………………………………57
15.老いをもたらすさまざまな苦しみ………………………………………58
16.悟りが乗り越える老いの苦しみ…………………………………………58
17.心理学者が発見した「老年的超越」現象が仏教の思想を裏付ける……59
18.超高齢期に心理的発達を遂げる人と子供返りする人の二極化………60
19.加齢とともに不幸になるのは当たり前ではない………………………61
20.不幸の道を幸福の道と錯覚する無智が苦しみの原因…………………62
21.さまざまな苦しみを解消する悟りの恩恵………………………………62
22.悟りの恩恵のまとめ………………………………………………………63

《参考資料1》仏教・ヨーガの思想を裏付ける最新の認知心理学の詳細…65
《参考資料2》四念処の仏陀の説法…………………………………………71
《参考資料3》諸行無常・一切行苦・諸法無我の仏陀の説法……………71
《参考資料4》五蘊無常・五蘊無我…………………………………………71
《参考資料5》四無色定に関するブッダの説法……………………………72


第4章 大乗仏教の瞑想:シンボル瞑想……………………73

1.はじめに……………………………………………………………………73
2.シンボル瞑想という概念…………………………………………………73
3.シンボルは決して崇拝対象ではない(宗教的な概念ではない)………74
4.人類共通の普遍的なシンボル……………………………………………74
5.人類普遍の聖なるシンボル:円・輪・マンダラ………………………75
6.不変のシンボル:光の輪…………………………………………………75
7.太陽とその光は、人類普遍の根元的な聖なるシンボル………………75
8.太陽信仰やシンボルとしての太陽の背景………………………………76
9.仏教・ヨーガの真言(マントラ)瞑想…………………………………77
10.真言瞑想の際の姿勢(座法)・手の組み方(手印)……………………78
11.雄大な自然という人類普遍のシンボル…………………………………78
12.大乗仏教が重視する一元的な世界観:意識の拡大の瞑想………………79
13.大乗仏教の縁起の思想……………………………………………………80
14.縁起の法……………………………………………………………………80
15.初期仏教や部派仏教の時代の縁起の思想………………………………81
16.大乗仏教の縁起の思想:万物一体・万物同根の一元思想……………81
17.ひかりの輪の読経瞑想……………………………………………………82

《参考資料1》円の象徴………………………………………………………84
《参考資料2》『エッセンシャル・ユング ユングが語るユング心理学』84
《参考資料3》マンダラ・シンボルの形態的要素…………………………85
《参考資料4》光背(光輪)…………………………………………………85
《参考資料5》ブロッケン現象・光輪・御来迎……………………………86
《参考資料6》光………………………………………………………………86
《参考資料7》太陽神…………………………………………………………87
《参考資料8》真言……………………………………………………………88
《参考資料9》三密加持………………………………………………………88

販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません