2021年〜22年年末年始セミナー特別教本『最先端の脳科学が説く幸福の道 脳科学と宗教思想』

2021年〜22年年末年始セミナー特別教本
『最先端の脳科学が説く幸福の道 脳科学と宗教思想』 52ページ

第1章 最先端の脳科学が示すこれからの幸福の道………5

1.はじめに…………………………………………………………………………5
2.脳科学から見た幸福と仏教思想………………………………………………5
3.仏教思想の菩薩道との関係:自他の幸福が一体……………………………6
4.現代社会の主流の幸福観:幸福は他との奪い合い…………………………6
5.他者との闘争という人間の本能とアドレナリン……………………………7
6.現代人のアドレナリンの過剰分泌……………………………………………8
7.人の根源的な欲求:生存欲求の実態とは……………………………………8
8.生存欲求から派生する様々な欲求:進化心理学の理論より………………9
9.恐怖や不安に関する脳の感情システムと、現代社会での誤作動…………10
10.集団行動・共同作業の欲求、所属欲求・承認欲求の形成…………………11
11.所属・承認欲求や孤独に関する脳の感情システムの誤作動………………12
12.社会脳の発達(仮説)…………………………………………………………12
13.集団の他者に配慮する心理の注意点…………………………………………13
14.繁殖(生殖)のために形成された心のメカニズム…………………………14
15.自と他を比較する心の働きの形成……………………………………………15
16.意識と無意識の分裂……………………………………………………………15
17.他との戦争・競争・優劣の比較に関して……………………………………16
18.生き残るために必要ではない戦争の原因は…………………………………17
19.喜び・歓喜の神経伝達物質「ドーパミン」とその問題点…………………18
20.ドーパミンがもたらす「とらわれ」「のめり込み」「依存症」……………19
21.過剰な勝利・優位の欲求の大きな弊害………………………………………19
22.ネガティブな感情がもたらす心身への弊害と不幸…………………………20


第2章 幸福と脳内神経伝達物質(特にオキシトシン)…22

1.はじめに…………………………………………………………………………22
2.幸福の正体は脳内物質…………………………………………………………22
3.3つの脳内物質には順番がある………………………………………………22
4.セロトニン………………………………………………………………………24
5.セロトニンを増やす方法………………………………………………………25
6.オキシトシン……………………………………………………………………25
(1)虐待はオキシトシンの不足…………………………………………………26
(2)オキシトシンと孤独、うつ…………………………………………………27
(3)オキシトシンの働き各種……………………………………………………27
7.オキシトシンを増やす方法 帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖29
(1)感覚的刺激……………………………………………………………………29
(2)心理的刺激……………………………………………………………………31
8.オキシトシンを増やす方法◆帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖32
(1)つながる………………………………………………………………………32
(2)孤独を解消する………………………………………………………………33
9.オキシトシンと宗教……………………………………………………………34
(1)すべてと一体の体験はオキシトシンによって起こる……………………34
(2)宗教儀礼には、オキシトシン分泌の感覚的刺激と心理的刺激がある…34
10.ドーパミン………………………………………………………………………35
11.ドーパミンを増やす方法………………………………………………………36
(1)チャレンジする………………………………………………………………36
(2)制限する………………………………………………………………………37
12.親切の効果………………………………………………………………………37
(1)親切は幸福を生む……………………………………………………………38
(2)親切は、心臓と血管を強くする――オキシトシンの効果………………39
(3)親切は、老化を遅らせる オキシトシンの効果…………………………40


第3章 脳科学と祈りと宗教……………………………43

1.脳科学が見直す祈りの効能……………………………………………………43
2.祈りの種類に関して……………………………………………………………43
3.脳科学の視点からの良い祈り…………………………………………………44
4.感謝を深めるコツ………………………………………………………………44
5.万物への感謝と汎神論…………………………………………………………45
6.不満・怒り・他者への敵対的な感情のデメリット…………………………46
7.自分だけの幸福を願う祈りの裏側にあるもの………………………………47
8.他人の不幸を願う心・呪いの弊害……………………………………………48
9.自分の幸福を祈る時も他の幸福を併せて祈る………………………………48
10.自他双方の幸福の祈り――利他こそ利己、自と他の幸福は一体…………49
11.継続的な祈りの重要性…………………………………………………………50
12.誓願の重要性:過剰な依存に陥らない………………………………………51
13.宗教と脳の関係:宗教は人の脳の産物か……………………………………51
14.真我の思想と最新の認知心理学の意識の概念の類似性……………………52
15.自分の中の裁きの神……………………………………………………………53
16.二つの未知のフロンティアに想定される神的な存在………………………54

参考文献………………………………………………………………………………56

販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません