テーマ別教本 《第13集》『心の安定と幸福の智慧 心理学編2』

テーマ別教本 《第13集》

『心の安定と幸福の智慧 心理学編2』

目 次

教本の中の、「宗教」や「宗教的な内容」に関するご注意 ………… 5

第1 生きる価値への気づき:自殺やうつ病を超える仏教哲学………6
(2012年夏期セミナー特別教本《改訂版》『 悟りの教えと現代の諸問題 親子問題、鬱病、自殺を考える』第3章)

 1.現代社会に広がる心の問題:自殺やうつ病……………………………………6
 2.自殺の現状と原因 ………………………………………………………………6
  (1)近年急増した自殺:年間3万人強、近代日本史上、最大数 …………………6
  (2)自殺未遂者は自殺者の10倍 …………………………………………………7
  (3)自殺の原因:健康問題・うつ病が最大の原因……………………………………7
  (4)近年の急増の原因は不況、失業・倒産……………………………………………7
  (5)男性に多い自殺、働く性への負担か………………………………………………7
  (6)失業と離婚と、自殺の関係…………………………………………………………8
  (7)失業・倒産に伴う人間関係の喪失…………………………………………………8
  (8)うつ病と自殺の関係など …………………………………………………………8
  (9)若者の原因……………………………………………………………………………9
  (10)自殺の多い日本:主要な死因の一つ、若者では死因のトップ…………………10
  (11)日本の高い自殺率の原因:失敗の恥を嫌う、セカンドチャンスを許さない …10
  (12)自殺は自殺を呼ぶ:遺族も4人に1人は自殺願望………………………………11
  (13)自殺の伝染という考え方 …………………………………………………………11
  (14)自殺の対策:自殺前の相談…………………………………………………………11
  (15)自殺対策基本法………………………………………………………………………12
  (16)自殺報道への対策……………………………………………………………………12
  (17)精神科医の提言:早期対応と総合的な対策………………………………………12
  (18)政府の対策の概要……………………………………………………………………13
    ー殺総合対策大綱の概要
<平成23年版自殺対策白書(内閣府)>より…………………………13
    内閣府経済社会総合研究所
「自殺の経済社会的要因に関する調査研究報告書」より………………14
 3.うつ病について…………………………………………………………………15
  (1)うつ病とは……………………………………………………………………………15
  (2)うつ病の増大と原因:社会環境の変化……………………………………………16
  (3)増大した原因2:軽症者の受診・製薬会社のキャンペーン……………………17
  (4)受診していない患者の問題も………………………………………………………17
  (5)国際的に見れば少ない日本の精神疾患の背景……………………………………18
  (6)最近のうつ病の多様化:何がうつ病かを再整理する必要………………………18
  (7)うつ病の原因:科学的には未解明…………………………………………………19
  (8)うつ病の原因は、科学的に確定していない………………………………………20
  (9)生物学的な仮説:現在主流の薬物療法に関係する仮説…………………………20
  (10)心理学的・精神病理学的な仮説:従来型のうつ病に関する仮説………………21
  (11)他の仮説:脳の神経損傷・オメガ3脂肪酸の不足など…………………………22
  (12)うつ症状をもたらすうつ病以外の病気に注意……………………………………22
  (13)うつ病の種類…………………………………………………………………………23
  (14)重要な心理的な原因の推察…………………………………………………………23
  (15)患者や周囲の治療の際の心構え……………………………………………………24
  (16)「抗うつ薬」の問題:効果の疑問、自殺企図の副作用、薬物依存……………25
  (17)認知行動療法…………………………………………………………………………26
  (18)非定型うつの治療法:従来と異なる症状と治療法………………………………27
  (19)その他のうつ病の治療法……………………………………………………………28
  (20)治療の効果や再発の可能性…………………………………………………………29
  (21)治療のための経済的な土台と地域コミュニティの重要性………………………30
  (22)子どものうつ病・精神疾患予防……………………………………………………30
 4.自殺・うつ病を防ぐための仏教哲学……………………………………………31
(1)現代社会の精神的行き詰まり、アイデンティティーの崩壊……………………31
(2)今後の日本に必要な価値観:智慧と愛……………………………………………33


第2 ポスト平成=長寿社会の生き方…………………………………36
(2018年 GWセミナー特別教本『ポスト平成:長寿社会の新しい生き方感謝の瞑想:仏陀の覚醒の扉』第1章)

1.ポスト平成の時代:長寿社会……………………………………………………36
2.高齢期が幸福か否か……………………………………………………………36
3.高齢期の二極化現象:うつ・認知症と老年的超越……………………………37
4.若いうちだけでなく、終盤を含めた全体が良い人生…………………………37
5.老化は、心・感情から始まる……………………………………………………37
6.前頭葉以外の心と脳の老化の要因……………………………………………38
7.老化による精神的な問題 暴走する老人……………………………………38
8.老化による精神的な問題 老人性うつ………………………………………39
9.老人性うつの症状………………………………………………………………39
10.老化による精神的な問題 認知症……………………………………………40
11.老人性うつや認知症の予防…………………………………………………41
12.暴走の原因 脳の要因:前頭葉の萎縮・機能低下…………………………41
13.前頭葉を鍛える…………………………………………………………………42
14.暴走の原因 環境要因:喪失体験……………………………………………42
15.喪失感に対する対処法…………………………………………………………43
16.暴走の原因 心理的な要因:ものの見方(認知)の問題…………………43
17.物の見方の改善、仏教の教えによる老化・喪失の超越………………………44


第3 老年的超越………………………………………………………45
(2018年 GWセミナー特別教本『ポスト平成:長寿社会の新しい生き方
                    感謝の瞑想:仏陀の覚醒の扉』<資料1>)

1.老年的超越………………………………………………………………………45
 (1)老年的超越の3つの柱……………………………………………………45
 (2)日本人の老年的超越の特徴………………………………………………46
2.エリクソンの第9段階と老年的超越…………………………………………47
3.老年的超越の研究状況…………………………………………………………48
 (1)少ない研究実証……………………………………………………………48
 (2)老年的超越を増進させる要因は何か……………………………………49
 (3)興味深い研究………………………………………………………………50
4.70歳代は「第2の思春期」……………………………………………………53


第4 ポスト平成の新しい人生観と、初期仏教・ヨーガの思想……54
(2018年夏期セミナー特別教本『仏教・ヨーガの根幹の思想と実践 ポスト平成の思想と神秘体験の科学』第1章)

1.ポスト平成は長寿社会、高齢期は余生ではなく第二の人生…………………54
2.延び続ける寿命……………………………………………………………………54
3.長寿革命が起こる可能性も………………………………………………………55
4.高齢化社会の問題:高齢者の精神的な病気……………………………………55
5.高齢期最大の精神的な問題=認知症の現状と今後の予測……………………57
6.一部の高齢者に見られる「老年的超越」という現象…………………………58
7.長寿社会では人生観・価値観が変わる…………………………………………59
8.長期的な心身の健康のためのポイントは、心・感情の制御である…………61
9.心・感情を制御する力を鍛えるポイント:前頭葉の鍛錬、生活習慣、喪失体験への対処………………………………………………………………………62
10.物の見方の改善、仏教の教えによる老化・喪失の超越………………………64
11.心のコントールを目指す初期仏教・ヨーガの実践が長寿社会にもたらす
恩恵………………………………………………………………………………65

販売価格: 2,750円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません