テーマ別教本 《第17集》『心の安定と幸福の智慧 仏教編4』

テーマ別教本 《第17集》
『心の安定と幸福の智慧 仏教編4』

目次

教本の中の、「宗教」や「宗教的な内容」に関するご注意 ………… 5

第1 仏陀の成長哲学:優劣の比較を超えた真の向上心……………6
(2016年GWセミナー特別教本『新しい幸福と成長の哲学 21世紀の心の時代のために』第3章)

1.過剰な善悪・優劣の区別の危険性…………………………………………… 6
2.善悪・優劣の違いと繋がり:分別と無分別智……………………………… 6
3.無分別智:一元思想・縁起の法……………………………………………… 7
4.優劣・善悪の判断は、視点によって変わる………………………………… 7
5.優劣・善悪は、比較の産物、相対的なもの………………………………… 8
6.様々な視点から見て、怒り・嫌悪・軽蔑の心を和らげる………………… 8
7.長所と短所は裏表という視点………………………………………………… 9
8.優劣・善悪の判断は、周囲の価値観によって変わる……………………… 10
9.煩悩即菩提・大煩悩大解脱という教え……………………………………… 10
10.優劣を分かち合うという思想……………………………………………… 11
11.自分が優れているとされるとき:感謝……………………………………… 11
12.優れた他人に対して:見本として学ぶ……………………………………… 12
13.劣っている他者に対して:反面教師として学ぶ…………………………… 13
14.自分が劣っている時:逆活用する努力をする……………………………… 13
15.自己愛に基づく向上心と、その落とし穴………………………………… 14
16.慢心・見下し・卑屈・妬みが努力・学びを妨げる………………………… 14
17.仏陀・菩薩の努力・向上心の本質…………………………………………… 15


第2 現世幸福の教え……………………………………………………17
(2013年GWセミナー特別教本《改訂版》『現世幸福と悟りの集中修行 不動心・人間関係・健康・自己実現』第1章の1,3,4,5,6)

1.不動心の法:苦しみに強く、絶えず前向きな心  …………………………17
(1)私の人生体験について ………………………………………………………18
(2)逆転の法則:苦しみを喜びに変える智恵 …………………………………20
(3)感謝の法則:苦境の中で自分の恵みに感謝する智恵 ……………………22
(4)無我の法則:苦の根源である自我執着を取り除く智恵 …………………23
(5)無我と直感:静まった意識に生じる直感 …………………………………24
(6)輪の法則:万物一体、万物を喜びとする悟り ……………………………24
(7)サンガの重要性:実際に法則を体得するためのポイント ………………25
2.健康・長寿・若さの法 …………………………………………………………26
(1)健康・長寿・若さは、現世幸福の土台 ……………………………………26
(2)心と体と環境という三要素 …………………………………………………26
(3)心と体と「気」の関係 ………………………………………………………27
(4)心と体と環境を整える具体的な実践:ひかりの輪での修行実践…………27
3.不敗必勝の法:卑屈・慢心を超えた自己価値の実現 ……………………… 28
(1)勝ち組・負け組という固定観念 ……………………………………………28
(2)勝ち組・負け組の二分化をすれば、必ず負け組になる …………………29
(3)真の不敗の法、真の勝利の法とは …………………………………………30
(4)必勝の法:長期的な粘り強い努力 …………………………………………31
4.願望成就・祈願の法 …………………………………………………………………32
(1)神仏への祈願における依存の問題と、ひかりの輪の誓願の思想…………32
(2)感謝することの重要性 ………………………………………………………32
(3)自分の中に神仏がいるという思想 …………………………………………34
(4)守護符、お守りについて ……………………………………………………35
5.選択と説得の法:適切な意思決定と論理的な説得力 ……………………… 35
(1)正しい意思決定 ………………………………………………………………35
(2)合理的な意思決定の方法(アカデミック・ディベートから) …………36


第3 一元の悟りをもたらす感謝の実践………………………………38
(2009年〜10年 年末年始セミナー特別教本《改訂版》『一元の法則と瞑想法 卑屈・妬みを超えて感謝と慈悲へ』第3章)

1.自分が得ている幸福に気づいて感謝する(足るを知る)…………………38
2.自分の幸福が、万物・神仏に支えられていることに気づいて感謝する…39
3.怒りの対象を感謝の対象に変える(他への嫌悪を超える)………………39
4.自分の欠点を喜びに変えて、神仏に感謝する(自己嫌悪を超える)……40
5.慈悲の境地に至るための感謝の実践…………………………………………41



第4 一元の法則の集大成………………………………………………42
(2010年GWセミナー特別教本《改訂版》『一元の法則と悟りの道 内省修行による 心の浄化』第1章の7)

1.一元法則に基づく感謝と誓願の法………………………………………………42
(1)感謝の法則……………………………………………………………………42
(2)誓願の法則……………………………………………………………………44


第5 願望成就・目的達成の智恵……………………………………47
(2017〜18年 年末年始セミナー特別教本『仏陀の智慧・慈悲・精進の教え 立ち直る力と願望成就の法則』第2章)

1.はじめに…………………………………………………………………………47
2.一般的な願望成就のノウハウ:意志・自信…………………………………47
3.目的達成の手段を具体化する上でのポイント………………………………47
4.失敗の苦しみを超えて、努力を継続する重要性……………………………48
5.結果にとらわれすぎると、逆にうまくいかない場合がある………………49
6.心を静めると、願望達成の道をより正しく理解できる……………………50
7.気の強化・浄化が、願望成就の力をもたらす………………………………51
8.気の浄化・教化の具体的な方法………………………………………………52
9.利他心に基づく願望は、表層意識と深層意識を統合し、大きな力を得る
ことができる……………………………………………………………………53
10.大乗仏教の菩薩道・六波羅蜜から学ぶ目的達成の奥儀……………………54


第6 現世願望と悟りの探求……………………………………………56
(2011年GWセミナー特別教本《改訂版》『ひかりの輪と日本と輪の思想』第5章)

1.勝利による幸福の裏側の苦しみと、仏教思想が説く幸福とは………………56
2.仏教が認めるこの世の幸福や自分の幸福 ……………………………………56
3.方便として現世幸福を与える観音菩薩の思想の紹介 ………………………57
4.正しい願いとは、貪りと怠惰を超えた願い……………………………………57
5.現世の幸福と悟りの願いを一体化させること ………………………………58

第7 願望成就の教え:現世を生きる智恵……………………………60
(2009年2月セミナー特別教本《改訂版》『大乗仏教の思想 正観、唯識、内観、願望成就』第4章)

1.正しい願望:すべての衆生の幸福の祈願………………………………………60
 2.自分個人のためには足るを知ること(少欲知足)……………………………60
 3.当面の方便としての現世願望の成就の手助け………………………………61
 4.困難を克服する、大乗仏教が説く智慧、止と観………………………………61
 5.インド占星学と願望成就(開運法)……………………………………………62


販売価格: 2,750円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません