テーマ別教本 《第16集》『心の安定と幸福の智慧 仏教編3』

テーマ別教本 《第16集》
『心の安定と幸福の智慧 仏教編3』


目 次

教本の中の、「宗教」や「宗教的な内容」に関するご注意 ………… 5

第1 仏教の幸福哲学:心が作り出す幸不幸………………………… 6
(2016年GWセミナー特別教本『新しい幸福と成長の哲学 21世紀の心の時代のために』第1章)

1.一般的な幸福観………………………………………………………………… 6
2.苦と楽は表裏という思想……………………………………………………… 6
3.仏教的な幸福観:苦楽に頓着せず、分かち合う幸福……………………… 7
4.仏教的な幸福観・生き方の恩恵……………………………………………… 7
5.仏教的な幸福観と競争に関して……………………………………………… 8
6.幸不幸を含めた全ては心の現れ……………………………………………… 9
7.貪りを捨て、感謝の心を持つと、大きな喜びが生じる…………………… 10
8.幸福を求めても得られない苦しみに対して………………………………… 10
9.「逃げられない苦しみ」という悩みに関して……………………………… 12
10.各種の苦しみの裏にある喜び・恩恵の事例………………………………… 13
11.敵と友も心が作り出す………………………………………………………… 14
12.苦しみを和らげる仏教の三毒の教え ……………………………………… 15


第2 真の幸福と、苦を喜びに変える道………………………………17
(2014年夏期セミナー特別教本《改訂版》『仏教思想の幸福の智慧』第3章)

1.仏教が説く幸福について…………………………………………………………17
2.間違った見方:苦しみを喜びと錯覚する………………………………………17
3.仏教が説く本当の幸福:慈悲の幸福……………………………………………18
4.人生における幸福観の選択………………………………………………………19
5.苦しみを喜びに変える思考法……………………………………………………20
6.三つの苦しみへの忍耐 (1) 誹謗中傷…………………………………………20
7.三つの苦しみへの忍耐 (2) 物質的な困難……………………………………21
8.三つの苦しみへの忍耐 (3) 常識と真実のギャップ…………………………21


第3 一元の法則の集大成………………………………………………23
(2010年GWセミナー特別教本《改訂版》『一元の法則と悟りの道 内省修行による心の浄化』第1章の3、4)

1.苦楽一元の法則――楽と苦の区別を超える法則………………………………23
(1)楽と苦の区別を超える法則…………………………………………………23
(2)楽と苦の区別を超える教えと仏教…………………………………………24
(3)楽と苦の区別を超え、真の幸福を得る実践………………………………25
2.優劣一元の法則――善と悪の区別(二分化)を超える教え…………………27
(1)善と悪の区別(二分化)を超える教え……………………………………27
(2)善と悪の区別(二分化)を超える教えと仏教……………………………29
(3)善悪の区別を超える法則で、卑屈・妬み・慢心を超える………………31
(4)怠惰・依存・甘えが問題である場合………………………………………34
(5)善悪を超えた智慧と、善悪を手段(方便)として使うこと……………35


第4 一元の悟りの障害──卑屈・妬み・慢心を超える………………37
(2009年〜10年 年末年始セミナー特別教本《改訂版》『一元の法則と瞑想法 卑屈・妬みを超えて感謝と慈悲へ』第2章)

1.比較・優劣から来る、卑屈・妬み・慢心を取り除く…………………………37
2.一元的な世界観では、全存在が平等の価値を持つ……………………………37
3.欠点の中に長所が内包されていること…………………………………………39
4.欠点は、バランスの問題にすぎない場合が多いこと…………………………40
5.優劣は、比較の問題にすぎず、感謝の実践が重要であること………………40
6.現代人の心の危機と宗教の問題  ……………………………………………41


第5 怒り・憎しみを超え自己反省と利他に生きる教え…………… 43
(2010〜11年 年末年始セミナー特別教本《改訂版》『中道の教え、卑屈と怒りの超越 宗教哲学・21世紀の思想』第3章)

1.第一の教え
――悪いことをした人がいても、その人だけが原因で、悪いことが
なされたわけではない(自と他の区別を超える自他一元の教えより)……43
2.心理学が説く、自分の暗部の投影としての怒りの対象………………………44
3.怒りの対象を反面教師と見て、内省に役立てる………………………………44
4.反面教師として内省する方が、他人の悪行も止めやすい……………………45
5.怒りより、哀れみ・慈悲の方が、他人の悪行を止めやすい…………………47
6.憎しみは憎しみではなく、愛によって終わる…………………………………48
7.第二の教え
――悪行をなす人は、悪い人だからではなく、無智だから悪い
ことをなす(善人・悪人の二分化を超える優劣一元の教えより)…………48
8.他を害することは、本人に不利益がある………………………………………49
9.悪い人もいつかは変わると説く、仏教の思想…………………………………49
10.悪人が徐々に善人に変わるという思想…………………………………………51
11.第三の教え
――悪行をなした人は慈悲=仏から遠ざかるが、害された人は慈悲=仏に
近づける可能性がある(苦楽の二分化を超える苦楽一元の教えより)……51
12.怒りを超える=許しの恩恵………………………………………………………52
13.一元思想は、万物の尊重につながる……………………………………………53


第6 敵対者に対する法則………………………………………………55
(2014年夏期セミナー特別教本《改訂版》『仏教思想の幸福の智慧  智慧と慈悲、縁起と空、苦楽表裏』第4章)

1.敵に関する宗教思想・哲学………………………………………………………55
2.敵も自ら作り出すもの:縁起と空の教え………………………………………55
3.敵は教師:悟りのために貴重な敵対者の存在…………………………………56
4.敵対者への感謝:仏道修行者の先達が残した言葉……………………………56
5.自我執着の超越:自我から切り離された静まった意識………………………57
6.好敵手:敵と映る協力者…………………………………………………………57
7.好敵手・切磋琢磨の大きな価値…………………………………………………58
8.自我執着の強弱が、単なる敵か好敵手かを決める……………………………59
9.協調関係と対立関係のバランス………………………………………………60
10.互いへの尊重・感謝を背景とした切磋琢磨……………………………………60

第7 敵対者に関する法則2:敵味方は無常…………………………62
(2014年夏期セミナー特別教本《改訂版》『仏教思想の幸福の智慧  智慧と慈悲、縁起と空、苦楽表裏』第6章)

1.敵味方の関係も無常………………………………………………………………62
2.友が敵になる体験…………………………………………………………………62
3.敵が友になった体験………………………………………………………………63
4.敵を友とした人たちが集ったイベント…………………………………………64
5.世界最大宗教は敵によって生まれた……………………………………………65
6.敵味方の全ては無常:人は皆が死にゆくもの…………………………………65
7.ひかりの輪の読経瞑想と敵対者…………………………………………………66


販売価格: 2,750円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません