2016年夏期セミナー特別教本『気の霊的科学と人類の可能性 ヨーガ行法と悟りの瞑想』

2016年夏期セミナー特別教本
『気の霊的科学と人類の可能性 ヨーガ行法と悟りの瞑想』
 

目 次

教本の中の、「宗教」や「宗教的な内容」に関するご注意 ………… 5
第1章 ヨーガとは何か:真我の思想…………………………………6

1.ヨーガの原意:心の働きを止滅すること………………………………………6
2.高次元の心で、低次元の心を止める……………………………………………6
3.大我:宇宙意識……………………………………………………………………7
4.寂静我:涅槃寂静…………………………………………………………………7
5.真我とは……………………………………………………………………………7
6.究極の境地は言葉では説明できない……………………………………………8
7.サーンキャ・ヨーガ、古典ヨーガの成立………………………………………8
8.後期ヨーガの成立、特にハタ・ヨーガに関して………………………………9

第2章 気の霊的科学:人類の可能性…………………………10

1.気(生命エネルギー)の霊的科学とは…………………………………………10
2.気の通り道:気道に関して………………………………………………………11
3.気道の交差点:経穴、気道の密集点:チャクラ………………………………11
4.気の強化と気道の浄化の恩恵:心身の健康・悟り……………………………11
5.ヨーガのナーディの思想…………………………………………………………12
6.ヨーガのチャクラの思想…………………………………………………………13
7.仏教のナーディの思想……………………………………………………………13
8.仏教のチャクラの思想……………………………………………………………15
9.チャクラでの気道の詰まりが煩悩を生じさせる………………………………15
10.気道の浄化の重要性:悟り・解脱の道…………………………………………16
11.気と気道の3つの状態……………………………………………………………16
12.各チャクラと各気道と煩悩の関係………………………………………………16
13.3つの気道と煩悩の関係…………………………………………………………17
14.各チャクラの3つの詰まり………………………………………………………17
15.気道の浄化の方法:身体行法・瞑想・戒律・聖地……………………………18
16.善悪を感じる身体への変革:人類の可能性……………………………………19
17.ヨーガや仏道修行の様々な恩恵:高い集中力など……………………………20
 第3章 日常生活での気道の浄化……………………………………21

1.初心者にも可能な気道の詰まりのチェック…………………………………21
2.鼻の詰まり具合と連動する左右の気道の状態………………………………21
3.右の気道を浄化する:スーリヤ・ベーダナ・プラーナーヤーマ…………21
4.左の気道を浄化する:チャンドラ・ベーダナ・プラーナーヤーマ………22
5.体の各部の力を抜く……………………………………………………………22
6.肩・腕の力を抜く………………………………………………………………22
7.胸や腹部をほぐす………………………………………………………………23
8.両方の気道を浄化:スクハ・プールヴァカ・プラーナーヤーマ…………23
9.気道の浄化のダメ押し:カパーラ・バーティ………………………………23
10.行法をしながら、内省をする…………………………………………………24

《参考資料》クンダリニーとチャクラに関して…………………………………25
1.クンダリニーについて……………………………………………………25
2.主な7つのチャクラに関して………………………………………………25

 第4章 悟りの瞑想の実践と体験……………………………………29

1.悟りの瞑想………………………………………………………………………29
2.ヨーガの説く大我と寂静我……………………………………………………29
3.最初期の悟りの瞑想:無我の瞑想……………………………………………29
4.人無我と法無我:宇宙意識と涅槃・空………………………………………30
5.四念処の瞑想:最も中心的な瞑想法…………………………………………30
6.四念処の瞑想の準備……………………………………………………………31
7.自分と、自分の心を切り離す「念」の瞑想…………………………………31
8.宇宙意識の瞑想…………………………………………………………………31
9.宇宙意識に近づく手助け:無執着・放棄……………………………………32
10.象徴物の活用……………………………………………………………………32
11.聖地巡り…………………………………………………………………………33
12.読経瞑想の活用…………………………………………………………………33
13.空・涅槃・真我・滅想定………………………………………………………33




第5章 修行を進める心構えの教え……………………………………35

1.仏教・ヨーガの修行の心構え……………………………………………………35
2.3つの精進の教え…………………………………………………………………35
3.修行を始める際の心構え…………………………………………………………35
4.修行の恩恵・必要性・重要性……………………………………………………36
5.人生全体の長期的視点からの修行の恩恵………………………………………36
6.死後やその不安等に関する修行の恩恵…………………………………………37
7.人類社会・次世代に対する精神的な貢献………………………………………38
8.人として生まれ、法縁を得たことへの感謝……………………………………39
9.法縁は、厳密にはサンガを含めた三宝を意味する……………………………39
10.法縁への感謝自体が悟りの第一歩になる………………………………………40
11.法縁の感謝とともに人生の無常を思う…………………………………………40
12.法縁の感謝は万人・万物に対して………………………………………………41

第6章 真の成長のための向上心:競争心と菩提心…………………42

1.努力・向上の動機としての競争心………………………………………………42
2.競争心による努力の限界…………………………………………………………42
3.競争心だけでは、着実な成長が阻まれる………………………………………43
4.仏教の説く向上心:勝利ではなく、純粋な成長を目指す……………………43
5.仏教思想と競争の関係……………………………………………………………44
6.他者への感謝・尊重・愛を伴う菩提心…………………………………………44
7.利他の行自体が、さらに他者への感謝・尊重・愛を深める…………………45
8.人の不幸の根本原因の無智と、それを超える智慧……………………………45

「ひかりの輪」基本理念 ……………………………………………… 47

1,思想・哲学の学習・実践を通じて、社会への奉仕に努める……………… 47
2,宗教ではなく、「宗教哲学」を探求していく………………………… 47
3,自己を絶対視せず、「未完の求道者」の心構えを持つ…………………… 48
4,感謝・尊重・愛の実践で、すべての存在に神性を見いだす……………… 48
5,過去の反省に基づき、特定の存在を絶対視しない………………………… 49
6,善悪二元論の妄想を超えた、叡智・思想に基づく実践を行なう………… 49
7,諸宗教の神仏は、人に内在する神性を引き出す存在として尊重する…… 49
 8,「輪の思想」で、すべての調和のために奉仕する………………………… 50



販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません