2016年GWセミナー特別教本『新しい幸福と成長の哲学 21世紀の心の時代のために ブッダの智慧と慈悲から』 

2016年GWセミナー特別教本
『新しい幸福と成長の哲学 21世紀の心の時代のために ブッダの智慧と慈悲から』 

目 次


教本の中の、「宗教」や「宗教的な内容」に関するご注意 ………… 4

第1章 仏教の幸福哲学:心が作り出す幸不幸……………………… 5
1 一般的な幸福観………………………………………………………………… 5
2 苦と楽は表裏という思想……………………………………………………… 5
3 仏教的な幸福観:苦楽に頓着せず、分かち合う幸福……………………… 6
4 仏教的な幸福観・生き方の恩恵……………………………………………… 6
5 仏教的な幸福観と競争に関して……………………………………………… 7
6 幸不幸を含めた全ては心の現れ……………………………………………… 8
7 貪りを捨て、感謝の心を持つと、大きな喜びが生じる…………………… 8
8 幸福を求めても得られない苦しみに対して………………………………… 9
9 「逃げられない苦しみ」という悩みに関して……………………………… 11
10 各種の苦しみの裏にある喜び・恩恵の事例………………………………… 12
11 敵と友も心が作り出す………………………………………………………… 13
12 苦しみを和らげる仏教の三毒の教え………………………………………… 14

第2章 仏教の根本哲学:縁起・因果の法…………………………… 16

1 仏教用語の縁起………………………………………………………………… 16
2 釈迦牟尼の縁起の法:煩悩と苦の因果関係………………………………… 16
3 十二支縁起・四諦・八正道・三学…………………………………………… 16
4 釈迦牟尼の縁起の法の位置づけ……………………………………………… 17
5 より広い意味での縁起の法の展開…………………………………………… 17
6 部派仏教時代の縁起の法の拡大・多様化…………………………………… 18
7 大乗仏教の縁起の法:相依性縁起…………………………………………… 18
8 縁起の法の三つのレベル……………………………………………………… 19
9 縁起を理解しない無智から我痴(自我意識)が生じる…………………… 19
10 自我執着(我愛)と慢心(我慢)…………………………………………… 20
11 三つの区別の錯覚と、ひかりの輪の読経瞑想……………………………… 21
12 無智を越えた智慧と慈悲……………………………………………………… 21

第3章 仏陀の成長哲学:優劣の比較を超えた真の向上心…………22

1 過剰な善悪・優劣の区別の危険性…………………………………………… 22
2 善悪・優劣の違いと繋がり:分別と無分別智……………………………… 22
3 無分別智:一元思想・縁起の法……………………………………………… 23
4 優劣・善悪の判断は、視点によって変わる………………………………… 23
5 優劣・善悪は、比較の産物、相対的なもの………………………………… 24
6 様々な視点から見て、怒り・嫌悪・軽蔑の心を和らげる………………… 24
7 長所と短所は裏表という視点………………………………………… 25
8 優劣・善悪の判断は、周囲の価値観によって変わる……………………… 26
9 煩悩即菩提・大煩悩大解脱という教え……………………………………… 26
10 優劣を分かち合うという思想……………………………………………… 27
11 自分が優れているとされるとき:感謝……………………………………… 27
12 優れた他人に対して:見本として学ぶ……………………………………… 28
13 劣っている他者に対して:反面教師として学ぶ…………………………… 28
14 自分が劣っている時:逆活用する努力をする……………………………… 29
15 自己愛に基づく向上心とその落とし穴…………………………………… 30
16 慢心・見下し・卑屈・妬みが努力・学びを妨げる………………………… 30
17 仏陀・菩薩の努力・向上心の本質…………………………………………… 31

第4章 生まれ変わりの霊的哲学…………………………………… 33

1 生まれ変わり:輪廻と転生…………………………………………………… 33
2 インドの輪廻思想…………………………………………………………… 33
3 ヒンドゥー教と仏教の輪廻思想の違い…………………………………… 34
4 六道輪廻……………………………………………………………………… 34
5 釈迦牟尼の輪廻思想への姿勢…………………………………………………35
6 生まれ変わりを信じる根拠………………………………………………… 36
7 現代人の多くが信じる転生………………………………………………… 37
8 輪廻転生を信じるメリット………………………………………………… 38
9 信じるデメリット…………………………………………………………… 39
10 否定も肯定もしない姿勢、中道の道………………………………………… 39
11 《付記》釈迦牟尼が説いた他の中道思想…………………………………… 40



「ひかりの輪」基本理念 ……………………………………………… 42

1,思想・哲学の学習・実践を通じて、社会への奉仕に努める……………… 42
2,宗教ではなく、「宗教哲学」を探求していく………………………… 42
3,自己を絶対視せず、「未完の求道者」の心構えを持つ…………………… 43
4,感謝・尊重・愛の実践で、すべての存在に神性を見いだす……………… 43
5,過去の反省に基づき、特定の存在を絶対視しない………………………… 44
6,善悪二元論の妄想を超えた、叡智・思想に基づく実践を行なう………… 44
7,諸宗教の神仏は、人に内在する神性を引き出す存在として尊重する…… 44
8,「輪の思想」で、すべての調和のために奉仕する………………………… 45



販売価格: 3,300円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません