第30回心理学講義 『森田療法』

第30回心理学講義 『森田療法』

●内容を一部ご紹介

1.日本で生まれた心理療法

森田療法は、1919年に森田正馬によって開発された心理療法です。森田療法は、対人恐怖症、強迫神経症、不安神経症(パニック障害、全般性不安障害)などの神経症が主たる治療の対象。また最近では、慢性化するうつ病やガン患者のメンタルケアなど、幅広い分野に有効と言われています。 神経症とまではいかなくても、心配性の人、不安が強い人、完璧主義の人、神経質な人にも効果があります。

ちょうど同じ頃、やはり神経症を対象とした精神療法がフロイトによって創始された精神分析です。
精神分析と森田療法の違いは、森田療法では、〔軌媼韻箸いΔ海箸聾世錣覆ぁ↓過去を問わない、という違いがあります。

森田療法の目指すところを簡単に言いますと、恐怖や不安、心配、緊張などがあってもそれをそのままにして(このことを「あるがまま」と言います)、やるべきことをやる、ということです。

そのことを順次説明していきます。


2.神経症とは

まず、森田療法の治療対象となる神経症とはどういうものかをみていきましょう。

神経症とは、心理的原因によって生じる心身の機能障害の総称で、器質的な問題によるものではありません。ですから、普通の人が日常体験するような心の働きの延長上にあるものです。

例えば、外出したとき、玄関の鍵を閉め忘れたのではないか、という不安は普通にも生じることで、そのこと自体、神経症ではありません。そのことが、気になって気になって、何度も家に戻って鍵が閉まっているかどうか、確かめずにはいられないという状態が神経症です。


3.主な神経症

(1)恐怖症(社会不安障害)

人前で話したり、初対面の人と会うときに生じる緊張や不安は誰にでもあることですが、このような緊張や不安が強く、学校、会社に行けず、社会的活動から引きこもってしまう状態です。引きこもらないまでも、人との接触を避けるようになり、生活に支障をきたします。「対人恐怖」「赤面恐怖」「外出恐怖」などがそうです。

恐怖症は、大きく2つに分けられます。
一つは、街中の雑踏、電車・バスなどの乗り物などの空間(広場)に対する恐怖症。もう一つ人から変に思われないか、批判されないかなどの対人恐怖症があります。

(2)強迫神経症

強迫観念による強迫行為。手を何度も洗わないと気がすまない、電気を消したか何回も確認しないといられないなどです。


(3)不安神経症(パニック障害、全般性不安障害)

.僖縫奪障害
「このまま死んでしまうのでは」というパニック発作(不安発作)を繰り返します。突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの身体症状とともに、強い不安や恐怖感を伴います。このパニック発作を何度か繰り返すと、また起こるのではないかという不安・恐怖(予期不安)が生じるようになります。そして、過去に発作が起きたような場所や逃げ場がないような場所(乗り物など)、それから、人に見られるのが恥ずかしいので大勢の人のいるところに出かけることを避けるようになります。

∩竿明不安障害
「何かの病気になるのではないか」「何か悪いことがおこるのではないか」など、様々な不安が生じ緊張し、震え、筋肉の緊張、発汗、めまい、頭のふらつきなどの身体症状を伴います。夜も眠れなくなり生活に支障をきたします。


4.神経症は「不安」が基にある

上記のように、神経症には様々なタイプや症状がありますが、共通しているのが「不安」です。不安と、その不安にとらわれることによって、不安が強まり、様々な症状が固定化したのが神経症です。

神経症の症状は、普通の人が日常体験するような心の働きの延長上にあるもので、質的な違いはありませんが、その強さや継続時間が際立っています。

例えば、何時間も手を洗うとか、何度も鍵をかけたか確認する等、日常生活に大きな支障をきたす場合、神経症であると考えられます。

販売価格: 1,100円(内税)
購入数:

カート

  • カートの中に商品はありません